2005年08月20日

国民新党だってさ

綿貫・亀井連合は激しく出遅れつつも新党を作ることになりました。
最初から解散直後に新党作ってれば、彼らもこんな死に体になる事も無かった気がしますが、
最早、小泉自民党のサプライズ戦略に飲み込まれて、出来た瞬間から風前の灯火です。
もしかしたら鈴木宗男新党の新党大地より印象薄いかもしれません。
党の名前も革新なのか保守なのかわかんないような名前だし。噂になってた「新党日本」の
ほうが良かった気がする。凄い保守っぽくて。

で、そんな国民新党の公約ですが
国民新党(国民)の約束
1.国民の声を聞く
1.国民の命を守る
1.国民の幸せをつくる
1.国民のために働く
1.あたたかい政治をおこなう

何を公約しているのかすら解りません。きっと彼らも解ってないのでしょうが。

そんな彼らの仲間になりたい人は、公募で参加することができます。
3.選考基準
1) 真の自由と民主主義を守る勇気ある人
2) あたたかい気持ちでお互いに助け合う協調性の持ち主
3) 本当の改革をする為の努力を惜しまない人

4.公募方法
応募者は、公募締切日までに、以下の書類を郵送または持参ください。
1) 履歴書 1通(形式自由、3ヶ月以内に撮影の顔写真貼付のこと)
2) 住民票 1通
3) 小論文 (以下のテーマからいずれか1つ)
テーマ1.「刺客」と教育
テーマ2.なぜ国民新党(国民)の候補者公募に応募したのか
※400字詰め原稿用紙4〜8枚・ワープロ可
※提出書類は返却いたしません。ご了承ください。

選考基準1,2,3を満たすテーマ2(なぜ国民新党(国民)の候補者公募に応募したのか)
は容易に書けそうですが、選考基準1,2,3を満たすテーマ1(「刺客」と教育)を書くのは
かなり困難です。というか無理。

「刺客」しかも「」付きだから今回の対立候補問題の是非(と言うか非)について書きつつ
教育について書くのは難しい。しかも、これは「刺客」を出さないような政治観を持たせる
ための教育について論じないと行けないので、はやりの論調である「ゆとり教育」が
いけないとか「愛国心」を育てるための教育とかと関係ない。

数少ない正解ルートは、
1.小泉の引用するフレーズは真意を曲解している主張。
2.真意を曲解する原因は日本において戦後、正しい民主主義教育が行われて
いなかったからだと主張。
3.正しい民主主義教育
4.結論:正しい民主主義教育が行われれば小泉の「刺客」を放つような手法は自ずと
行われない。

位かなと思います。
ただ、受験じゃなくて、脳みそにウジ虫が湧いているような亀井が作ったテーマなので関係
無いことでも、彼が喜ぶようなことを書けばいいのかもしれないけれども。

回答例は知りたいところ。

この記事が良ければクリック!! [人気blogランキング]
posted by 風見鶏 at 07:56 | Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。