2005年06月10日

誰も寝てはならぬ(週刊モーニング)

モーニングと言えば看板は「島耕作」。
「大人の恋」と「仕事」に燃える男のストーリーが看板なんですが、

「大人の恋」って言っても、行く先々で都合良くやり捨てしてなおかつ恨まれない「島耕作」的恋愛はあり得ない!!o(`ω´*)o
「仕事」って島耕作そんなに仕事してるように見えないo(`ω´*)o

と言う訳で、島耕作もファンタジーストーリーに過ぎないのです。

その点、「誰も寝てはならぬ」は、大阪出身、東京在住デザイナーオフィス「寺」のハルキちゃんとゴロちゃん2人を中心としたストーリーなんですが、「恋」の面ではハルキちゃんはあまりにも鈍くて進展せず、ゴロちゃんは女を落とせる光線を発射できるのですが、長く続かなかったり、効かなかったりうまくいきません。

「仕事」はあまりしていません。(凄いよな)

序盤はモーニング風大人の恋愛ストーリーが進展するかに見えたのですが、何となくロクに仕事もせず(←これこそ現代における最大のファンタジーだ)、今一恋愛もうまくいかないと「島耕作」と全くの逆ベクトルで進行しています。

まあ、そこのダラダラを楽しめるかどうかがこの作品に乗れるかのポイントでしょう。
何もない風景も面白いですよ。
誰も寝てはならぬ 1 (1) 誰も寝てはならぬ 2 (2) 誰も寝てはならぬ 3 (3)

この記事が良ければクリック!! [人気blogランキング]
posted by 風見鶏 at 11:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。