2005年07月26日

「宇宙戦争」ダメな宇宙人と身勝手な地球人

トム・クルーズ主演の「宇宙戦争」を見てきました。

●宇宙人サイド
宇宙人の目的が解りません。何のために地球を侵略する必要があるのかがさっぱり不明。
バルタン星人やガミラス星人にも劣ります。

殆どの情報が伝聞・推定であるため、宇宙人のことが良く解りません。
   (例)
   大阪でトライポッド(宇宙人の兵器)が倒された。
   百万年前から埋まっていた。

微生物に負けて、宇宙人は死に、宇宙人のメカは枯れてしまうと言うオチなんですが、
地中にも微生物は多いのによく埋まっていられた物だと思います。

●地球人サイド
「侵略者は必ず滅びる」とアメリカ映画で言われるとなんだかなぁと思います。
まあ、ユダヤ系のスピルバーグだから良いか。

助けてもらい、食料ももらったのに自分たちの身を守るためとはいえ、助けてくれた相手を
スコップで撲殺するトム・クルーズはどうかと思います。


原作はもう少し面白いです。しかし、昔は大ネタだった、異星で未知の細菌・微生物に
出会ってトラブルというネタも、最近の「ホミニッド−原人」あたりになると小ネタになって
しまう訳でSFも進歩しているなと思ったりもします。

宇宙戦争 ホミニッド―原人

この記事が良ければクリック!! [人気blogランキング]
posted by 風見鶏 at 10:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。